メインイメージ画像

自宅と同様に職場のセキュリティにも気配りしたいものです

窃盗の被害報告が絶えない現代、留守にしている時に泥棒が入ってこないようにと気をつけている人は大勢います。戸を開けられにくいスタイルの鍵に換えて、窓を2重ロックにするといった感じです。ただし、その一方で軽視されがちなのが職場のセキュリティです。職場ですから、その防犯対策の責任は会社側にあります。ただもし万が一、社内の物品や情報が盗まれたりすると、そこで働く自分自身にとっても困った問題のはずです。出社したら机の上にあったパソコンが消えていたら大変です。

そのようなトラブルを避けるためにも、やれる限りの対策をしておくべきなのです。

やるべき事は家での防犯策と基本的に変わりありません。鍵を開けづらい物に交換するなど、物理的に侵入できないようにするのです。更に加えて防犯カメラの取り付けも効果があります。結局犯罪者は、その状況を記録されたくないのです。マスクをしていれば判別しないから無意味だと捉える人もいますが、誤解です。

個人を識別できるかどうかではなくて、自分自身がそこに記録される事自体が犯人としては嫌なのです。本物を設置するのができないのなら、ダミーでも構いません。それだけで、ある程度の犯罪の抑止効果が期待できます。

盗まれる物はすべて形あるものだけではありません。パソコンで読み込んだデータもその対象になります。これはネットを経由して盗まれてしまう事があるので、今までの対策とは異なる対策を講じなくてはいけません。

コンピュータウィルスを移されると情報が漏えいする可能性があるので、セキュリティソフトを装備しておくと良いでしょう。アップデートを適時行う様にして、ソフトを最新の状態に保つようにするのが重要です。

また、それだけでなく重要なデータをできる限りパソコン内に留めないようにするのも有効です。無い物を盗む事は不可能です。外付けの記録媒体等に保存して、使いたい時だけパソコンに取り込むような使い方が効果的です。