メインイメージ画像

防犯カメラでセキュリティを強化しましょう

防犯カメラには、様々な種類があります。都市部では空き巣の被害が増えており、安全性が気になる方は多いと思います。そこで家の玄関のセキュリティ度を高めたい時に良いアイテムが防犯カメラです。防犯カメラにはボックス型セキュリティカメラやドーム型防犯カメラ、そして赤外線暗視防犯カメラ、小型防犯カメラ、望遠防犯カメラなど様々なものがあります。

ボックスタイプの防犯カメラはスタンダードな防犯カメラですが、あまりサイズが大きなものは来客者に威圧感を与えてしまいます。

これは、逆に威圧感を出したい銀行に良く使われているタイプです。ドーム型防犯カメラはデザイン的に威圧感があまり無いため、コンビニやスーパー、ホテルなどお客様に威圧感を与えると困る施設で良く使われています。赤外線暗視防犯カメラは暗闇でもハッキリ見る事ができ、駐車場など夜になると明かりの少ない場所によく使われています。

小型防犯カメラは防犯という感じではなく隠し撮りや証拠集めなどの手段として、マンションや一戸建ての室内に使用されることが多いです。望遠防犯カメラは置くエリアと監視エリアが離れていて、普通の防犯カメラでは遠すぎて映像が不鮮明なときに良く使われています。

防犯カメラは自宅の玄関に設置すると結構高額です。配線や取り付けも面倒です。そんな時にはダミーカメラという選択肢もあります。ダミーカメラなら何といっても本物の防犯カメラより安価なのが良い点です。本物そっくりに作られており外観からはダミーとは分かりません。

人を感知すると赤いLEDが点灯して空き巣に防犯カメラが動いているとアピールします。電池で動くので配線工事は要らず、容易に設置する事が可能です。配線が無いと空き巣にダミーだと気づかれてしまいますが、配線してあるように見せているダミーカメラが多いです。その代わりに電池が無くなった場合は交換する事が必要です。中にはソーラーパネルを利用して充電するタイプのダミーカメラも発売されています。